新着情報

[ おすすめスポット]

柏原まち歩き旅の思い出に・KABURA(かぶら)で丹波布ワークショップ2020.03.27

KABURAワークショップ

前回の記事でお伝えした、丹波布と工芸の店KABURA(かぶら)。
今回はKABURAで行われているワークショップについてご紹介します。
柏原まち歩き旅の思い出にいかがでしょうか。

クリックするとリンクへ飛びます→<KABURAのお店紹介>丹波市ならではのお土産が購入できる丹波布と工芸品の店「KABURA(かぶら)」の記事も合わせてどうぞ。

丹波布と工芸「KABURA(かぶら)」のワークショップ

柏原まち歩き旅の途中、丹波市ならではの文化にふれることができるお店「KABURA(かぶら)」に出会えます。KABURAでは丹波布や丹波布を使った小物、工芸品などを扱っており、お土産としても喜ばれるアイテムが並んでいます。

販売だけではなく、様々なワークショップも随時開催されており、丹波布小物を作るワークショップでは「リボンアクセサリー」「コースター」「ブックカバー」を作ることができます。

また「糸紡ぎ」「草木染」「はたおり」の丹波布を作る工程も体験できます。

今回、「草木染」と「丹波布の小物作り」をライターが体験してみましたので、どのようなワークショップなのかお伝えします。

<丹波布で小物づくりワークショップ>

始めに、丹波布でリボンアクセサリーを作るワークショップを体験しました。
リボンアクセサリーはブローチかヘアゴムのどちらかを選べます。
今回はブローチを作ってみました。

①まず、リボンアクセサリーにしたい丹波布を選びます。

丹波布リボンワークショップ丹波布を選ぶ

たくさんあるので迷いますが、手に取りながらお気に入りの丹波布を選ぶことができます。

②次に、型紙に沿って丹波布と裏地にする布を切ります。

丹波布リボンの生地を選ぶ

③切った丹波布と裏地を縫い合わせていきます。

丹波布リボンワークショップ縫い合わせる

ゆっくりチクチク縫いながら、丹波布についてのお話を聞くことができ、この時間がとても楽しかったです。

丹波布リボンワークショップ縫う

④縫った丹波布の中心を縫い付け、リボンの形にします。

丹波布リボンワークショップリボンの中心を縫う

⑤次に、リボンの中心になる丹波布を選びます。

丹波布リボンワークショップ中心をつける

中心だけ違う色や柄の丹波布を選んでも可愛く仕上がります、お好みで。

⑥縫い合わせたリボン本体と中心にする丹波布を縫い合わせていきます。

丹波布リボン中心を縫い合わせていく

⑦最後に、ブローチピンを取り付けて完成。

丹波布リボンピンを縫う

服やバッグなどにつけて楽しめます。

丹波布リボンワークショップ完成

普段の装いに丹波布の小物でアクセントをプラス、自分が作ったものなのでとても愛着がわきます。
予約無しで体験でき、30分程度で完成するので、お店に立ち寄った際にぜひ申し込んでみてください。

<染色ワークショップ>

続いて、手ぬぐいを草木染めするワークショップを体験しました。

KABURAのお店ではなく、木の根橋近くにある柏原古市場公民館で実施されています。

織田神社という、まち歩きスポットの裏手を抜けて入っていくので、こちらもひとつの思い出体験になりそうです。

このワークショップでは、丹波布を作るときの工程(糸を染める草木染)を、手ぬぐい染めを通して体験できます。

染料は栗(茶色)、こぶな草(黄色)、梅(赤茶)の3種から希望のものを選べます。

今回は、体験した季節(1月)にぴったりだったので「梅」を選びました。

ワークショップの場所へ行くと、お鍋がグツグツ。少し甘酸っぱいような良い香りが漂っています。

中を覗いてみると、梅の枝が煮えていて、赤茶色の煮汁が出ていました。

丹波布草木染鍋の様子

丹波布の草木染で使う植物は、その植物が一番元気な時に摘み取ったものを使うそうです。
そうすると色が鮮やかに染まるそうで、梅は冬(1月~2月※確認)に取ることが多いと教えてもらいました。

ザルで梅の枝を濾したものが染液になり、それで手ぬぐいを染めます。

丹波布草木染ワークショップ梅の枝

濾したあとの枝はまだ捨てず、何回か染料として使うとのこと。自然から受け取った素材を、大切に使うのがすごく素敵だなと思いました。

 

では、ここからワークショップの流れを紹介します。

 

①まず手ぬぐいを染めたとき、好きな模様ができるよう割り箸や輪ゴムでとめていきます。

三角の形にしたいときは割り箸で角ができるよう留めます。

丹波布草木染ワークショップ手ぬぐいをとめる

円形にしたいときは、輪ゴムで縛ります。

丹波布草木染ワークショップ草木染手ぬぐいを縛る

ゆるく縛るとぼやけた形になるのだそう。
手ぬぐいを広げたときにどんな形になっているか想像しながら、自分好みにとめていきます。

 

②手ぬぐいの準備ができたら、水にしっかり浸します。

一度水に浸すことで、染液が染み込みやすくなり、ムラもできにくくなるそうです。

 

③次に梅の染液の中に浸け、いちど絞ります。

丹波布草木染ワークショップ絞る

こちらも絞ることによって、染液が手ぬぐいの中に染み込みやすくなるとのこと。

 

④もう一度染液の中に入れ、しばらく煮ます。

丹波布草木染ワークショップ冷ます

ワークショップで使用している手ぬぐいの素材は木綿なのですが、木綿は染まりにくい素材なのだとか。
絹やウールなど動物性のもののほうが染まりやすいそうで、木綿を染めるときは染料が入りやすくなる処理をする必要があるそうです。

現在では、染料が入りやすくする助剤がありますが、糸にタンパク質を含ませることで染まりやすくなるため、昔は大豆を潰して絞った液を染み込ませていたそうです。

しかし、大豆は食料としても貴重なものだったので、丹波布はカマドで出る灰を水に混ぜ、その上澄み液をつかって下処理をしていたのではないかとお話してもらいました。

現在でも、その下処理の方法で染められることがあるそうです。

どのようにしたらきれいに染まるのか、先人たちが生活のなかから試行錯誤して、モノにも無駄が出ないよう考えながら編み出した知恵なんだろうなと感じます。

 

⑤15分ほどしたら火を止め、染液に浸けたまましばらく冷まします。

丹波布草木染ワークショップ煮る

煮物の味がしみるのと同じで、冷める過程でぐっと色が染み込んでいくそう。
丹波布の糸染めをするときは、このまま一晩置くこともあるそうです。

⑥次に自然の色素が持っている色をもっと引き出すのと同時に、色を吸着させるために「媒染」という作業を行います。

丹波布草木染ワークショップ媒染

丹波布は台所でつかって、流しても環境にやさしい素材で媒染を行っています。

ミョウバンや石灰、おはぐろ媒染とよばれる物を使うのですが、今回の染料「梅」の茶系の色を引き出すのには石灰を使います。

石灰を混ぜた液に、絞った手ぬぐいを広げながら浸けます。

一度絞って、また浸けなおし、しばらく置いておきます。

 

⑥石灰の液から手ぬぐいを出し、水で少しすすいだあと、再び梅の染液に浸け、煮ます。

丹波布草木染ワークショップ再び煮る

⑦しばらくして、もう一度冷ましたあと、手ぬぐいを引き上げます。

⑧水が入ったバケツの中で振りながらゆすぎ、水気を切ったあと、とめていた割り箸や輪ゴムを外します。

丹波布草木染ワークショップ染め上がり

とめていたものを外し、模様が出てくるときがとても楽しい瞬間です。

どんな色で、どんな模様に染まったか、盛り上がること間違いなし!

 

⑨最後に乾かし、アイロンをかけてもらったら完成です。

丹波布草木染ワークショップ完成

優しい赤茶色に染まり、模様もきれいに出てくれました!

丹波布草木染梅

手ぬぐいとして使うも良し、額に入れて飾っても素敵だと思います。

手ぬぐいを使い、退色してきたときは、家にあるもので染め直すことができると教えてもらいました。
紅茶やコーヒー、玉葱の皮でもきれいに染まるそうです。

染め方の方法がわからなくなったらKABURAに問い合わせてみてください。
何が必要か、どこで購入できるかなども丁寧に教えてもらえます。

KABURAワークショップのお知らせ

KABURAで行っているワークショップの日にちや予約についてお知らせします。

 

■KABURA糸紡ぎ教室

<要予約>

日にち:営業日(毎週 金・土・日・月)

時間:10:00~12:30 または 13:00~15:30

場所:KABURA(かぶら)店内

価格:2,500円(材料費込み)

 

■染色(手ぬぐい草木染体験)

<要予約>

日にち:営業日(毎週 金・土・日・月)

時間:13:00~

場所:柏原古市場公民館

価格:2,000円

 

■はたおり(手織りの花瓶敷き作り)

<要予約>

日にち:営業日(毎週 金・土・日・月)

時間:10:00~15:00(最終受付14:00)

場所:KABURA(かぶら)店内

価格:2,800円

 

■ブックカバー作り

<予約不要>

日にち:営業日(毎週 金・土・日・月)

時間:10:30~または13:30~(1時間半程度)

場所:KABURA(かぶら)店内

価格:3,000円(材料費込み)

 

■コースター作り

<予約不要>

日にち:営業日(毎週 金・土・日・月)

時間:営業時間内随時(30分程度)

場所:KABURA(かぶら)店内

価格:1,000円(材料費込み)

 

■リボンアクセサリー作り

<予約不要>

日にち:営業日(毎週 金・土・日・月)

時間:営業時間内随時(30分程度)

場所:KABURA(かぶら)店内

価格:1,000円(材料費込み)

 

■竹かごワークショップ

<要予約>

日にち:日曜日(相談可)

時間:10:30~(1時間半程度)

場所:KABURA(かぶら)店内

価格:3,000円(材料費込み)

 

上記内容は2020年2月時点での内容です。
変更になる場合もありますので、詳しくはKABURAへお電話にてお問い合わせください。

<問い合わせ先>
KABURA(かぶら)
0795-71-1683
丹波市柏原町柏原46

 

ワークショップは思い出とお土産にもなる

KABURA(かぶら)で体験できる丹波布ワークショップを紹介しました。

このワークショップの体験中は、丹波布の歴史や工程、ほかにも丹波市のいろんな話をKABURAの方にお聞きする事ができるので、まち歩き旅のいい思い出になります。

作った作品はお土産にもなり、お土産話にも花が咲きそう。

柏原へお越しの際は、丹波布ワークショップを体験しにKABURAへ立ち寄ってみてください。

KABURA(かぶら)のお店紹介はこちらの記事へ

「丹波市ならではのお土産が購入できる丹波布と工芸品の店「KABURA(かぶら)」

<丹波布と工芸の店KABURA>

丹波市柏原町柏原46

TEL:0795-71-1683

WEBサイト:http://kabura-tambanuno.com/